葉酸サプリメントを摂ることのメリット

妊活をしている人、妊娠している人にとって欠かせない栄養素と言われているのが葉酸です。それだけでなく、最近では授乳中の方にまで葉酸を進んで摂るように言われています。葉酸の必要性としては、その時期によって効能が変わります。

葉酸は妊娠してから摂ればいいというものではありません。妊活中に葉酸は摂っておくと、子宮内膜を厚くする役割があります。そうすると着床がしやすくなりますので、妊娠しやすくなるのです。葉酸が特に必要と言われているのが、妊娠初期です。

妊娠初期は、赤ちゃんの内臓や脳など、大切な部分を作っている時期になります。葉酸を摂っておくことで、先天性の疾患のリスクを減らす役割もあるので積極的に摂るようにしましょう。

出産が終わり授乳期に入ると、次第に産後の抜け毛やホルモンバランスが崩れてくることがあります。葉酸を摂っておくことでそれらを減らし、女性ホルモンを安定させる効果があります。そのため葉酸は女性にとって長く付き合っていける栄養素になります。

葉酸がたくさん含まれている食べ物としては、モロヘイヤやほうれん草などの葉物系が挙げられます。妊活中や妊娠初期は一日あたり400㎍が必要と言われています。ほうれん草にすると、大体2束ほどの量になります。

しかし、それらの量を毎日一日の食事から摂るとなると大変です。葉酸は熱に弱いと言われているのでなおさらです。

そこで人気になっているのが、葉酸サプリメントです。最近ではドラッグストアだけでなく、インターネット通販でもたくさんの種類が出ており、値段も成分も様々です。

人気なサプリメントは葉酸だけでなく、妊娠中に欠如しがちな鉄分やビタミンなどが豊富に含まれているものが挙げられます。一回分のサプリメントですべてをカバーできるのは嬉しいですよね。

葉酸サプリメントを選ぶポイントとしては、

一回分で400㎍が補えるかどうか
放射能チェックが済んでいるかどうか
無添加のものであるかどうか

を見るようにしましょう。胎児にも影響を与えるサプリメントなので、安全安心であることが大前提になります。

また、妊娠初期は悪阻で苦しむ方が多いので、飲みやすいようにサプリメントの粒が小さいものだと助かります。

正直葉酸サプリメントは毎日摂るものなので、値段が高いです。しかししっかり摂っておくことで、少しでも胎児の先天性異常のリスクを減らせるので、自分のためにもお腹の中の赤ちゃんのためにも必ず摂っていただきたいと思います。

【関連】葉酸の正しい摂り方まとめ→葉酸サプリいつまで摂取?